3980円以上送料無料 マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 割引 木桶仕込み 天然醸造 自然栽培 宅急便 3980円以上送料無料対象 /iodism1519518.html,heritagenautical.com,天然醸造,自然栽培,マルカワみそ,有機味噌,3980円以上送料無料!!,木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象],食品 , 調味料 , みそ , 豆みそ,400g,未来,759円 759円 3980円以上送料無料!! マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 自然栽培 天然醸造 木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象] 食品 調味料 みそ 豆みそ 759円 3980円以上送料無料!! マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 自然栽培 天然醸造 木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象] 食品 調味料 みそ 豆みそ /iodism1519518.html,heritagenautical.com,天然醸造,自然栽培,マルカワみそ,有機味噌,3980円以上送料無料!!,木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象],食品 , 調味料 , みそ , 豆みそ,400g,未来,759円 3980円以上送料無料 マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 割引 木桶仕込み 天然醸造 自然栽培 宅急便 3980円以上送料無料対象

3980円以上送料無料 マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 割引 木桶仕込み 天然醸造 自然栽培 宅急便 3980円以上送料無料対象 未使用品

3980円以上送料無料!! マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 自然栽培 天然醸造 木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象]

759円

3980円以上送料無料!! マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 自然栽培 天然醸造 木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象]





【特徴】
自然自然栽培の原料で、一年に二度しか仕込まない限定の甘口みそ。特に女性やお子様に人気です。全国的にも珍しい蔵付きの麹菌で発酵させた限定味噌。

【商品詳細】
肥料すら使わず限りなく自然に近い状態で育てた原材料(自然栽培)だけで作った全国的に珍しい味噌です。自然栽培とは、農薬不使用はもちろん、肥料すら使わない、限りなく自然に近い状態で育てる農法です。

韓国の離れ小島で伝統的製法により作られてる塩田結晶塩とキパワーソルトを使っています。塩は何にしようかと考えたとき、『自然にできたもの』をコンセプトにしようと考え、韓国の離れ小島を訪ねたそうです。そこで、『還元力のある塩』キパワーソルトを焼成する前の塩、塩田結晶塩と出会い、粒の大きさや風味、味噌にした時の相性がバツグンだったので、この塩田結晶塩とキパワーソルトを使うことにしました。

【メーカーのこだわり】
・蔵付き麹菌 ・生味噌 ・木桶仕込み ・自然栽培 ・天然醸造 ・海水塩 ・地下水仕込み

【原材料】
自然栽培米 (宮城県産)
自然栽培大豆(北海道産)
食塩(塩田結晶塩、キパワーソルト※9対1の割合で混合)

【栄養成分表示(100g当たり)】
エネルギー:189kcal
たんぱく質:9.2g
脂質:2.2g
炭水化物:33.2g
食塩相当量:10.9g

【内容量】
400g

【麹歩合】
17 歩

【賞味期限】
製造より7ヶ月

【保存方法】
直射日光、高温多湿を避け保存

【注意】
当店で販売いたしております味噌は、生味噌でございます。
生味噌は気温が高くなりますと、発酵、着色がすすみ、風味を損なう恐れがあります。
味噌をおいしく保つため、お手元に届きましたら、なるべく早く冷蔵庫、または冷凍庫にて保存することをお勧めします。
味噌は冷凍庫に入れても凍ることはありません。少し固くなりますが、そのままお使いいただけます。

#蔵付き麹菌 #生味噌 #木桶仕込み #自然栽培 #天然醸造 #海水塩 #地下水仕込み #無添加 #無農薬 #無肥料 #発酵 #国産

JANコード 4902854192008

3980円以上送料無料!! マルカワみそ 未来 400g 有機味噌 自然栽培 天然醸造 木桶仕込み[宅急便・3980円以上送料無料対象]

2681.今日の植物(2165):ティンブラ

  今日の植物は、ティンブラといいます。あいうえお順の科名は、シクンシ科からシソ科に移りました。

 ティンブラは、シソ科 Thymbra 属(ティンブラ属)の植物で、The Plant Listによれば、4種と1つの亜種を擁する属だということです。
 ウイキペディアの情報によりますと、このThymbra 属の植物は南ヨーロッパ、北アフリカおよび中東の地中海沿岸地域を原産地とする植物だということです。

 切手に描かれているThymbra capitata種について情報がありました。
 それによりますと、この種は地中海沿岸のヨーロッパ及びトルコが原産地だということで、細くて肉厚の葉を持ち、夏の後半に小さなピンクの花を円錐状に咲かせます。イスラエルでは、この種は保護の対象とされていて、採取すると処罰の対象となるという情報もありました。
 またこの種は食用になり、この植物から採取される油脂はSpanish oregano oil(スペインのオレガノ油)とも呼ばれ、アイスクリームやその他の料理の香りづけに利用され、乾燥した葉はハーブティーとして利用されるということです。

 写真です。ネットから借用しています。

ティンブラ・カピタタ Thymbra capitata

        

 切手です。

ティンブラ・カピタタ Coridothymus capitotus(=Thymbra capitata)

    
2007年 イスラエル発行(普通切手「薬用植物」)
 ●切手ではこの植物の学名はCoridothymus capitotusとされていますが、The Plant ListではThymbra capitataが標準名とされ、ウイキペディアではThymus capitatusが標準名とされ、他は同義とされています。ややこしいのですが、ここはThe Plant Listに従うこととしました。
 ●この切手と一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑
スポンサーサイト



2680.今日の植物(2164):ギエラ

  今日の植物は、ギエラという植物です。再びシクンシ科に戻ってきました。

 ギエラは、シクンシ科 Guiera属(ギエラ属)の植物で、この属は切手に描かれているGuiera ssenegalensis種の1種のみという、1属1種の植物です。
 ウイキペディアの情報によりますと、ギエラは、セネガルからスーダンに至る乾燥した熱帯気候の地域に分布しているということです。

 ギエラは、タンニンや数種のアルカロイドを産生し、アフリカでは咳止め、血圧降下剤、下痢止め、抗炎症などmedicinal  'cure-all' (万能薬?)として使われているようです。また、生垣に使われ、根は歯ブラシの代わりになり、燃焼した煙は防虫用に使われるという誠に有用な樹木のようです。

 ギエラはまた、コンパニオンプランツとしても利用されるということです。コンパニオンプランツというのは、一緒に植えられて他の植物に良い影響を与える植物のことで、このブログでも、タヌキマメカモミールがコンパニオンプランツとして登場していました。前者は土壌中の線虫を駆除する植物として、後者は虫よけとして利用されていました。
 今回のギエラは、夜間に吸収した水分を根から雑穀の方に供給し、その結果、乾燥地での雑穀の収穫量が劇的に増加するのだそうです。面白い機能を持った植物だと思います。

 写真です。これもネットからお借りしています。

ギエラ・セネガレンシス Guiera ssenegalensis

        
 ●右の写真の背が高いのが雑穀でその周りの植物がギエラだと思われます。

 切手です。

ギエラ・セネガレンシス Guiera ssenegalensis

    
2001年 セネガル発行(薬用植物)
 ●この切手と一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑

2679.今日の植物(2163):マエルア

  今日の植物は、マエルアといいます。前回のコノカルプスと同じセットで発行された切手に描かれていた植物です。

 マエルアは、フウチョウソウ科 Maerua属(マエルア属)の植物で、The Plant Listでは57の種が分類されている植物群です。
 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は、アフリカを中心に分布しているそうで、一部の種はレバント地域からインド亜大陸まで分布範囲を広げているということです。

 切手に描かれているMaerua crassifolia種は、アフリカやアラブの熱帯地域、イスラエルなどに自生しています。この植物の葉は、乾季にはラクダの食料として利用されており、また中央アフリカでは重要な栄養源とされていて、スープに使われるようです。動物にも人間にも役立っている植物だということになります。

 切手を発行したイエメンではごく一般的にみられる植物で、当地ではMeruと呼ばれているそうで、この名前が属名のMaeruaのもとになったのだという情報もありました。

 写真です。これもネットから借用しております。

マエルア・クラッシフォリア Maerua crassifolia

        

 切手です。

マエルア・クラッシフォリア Maerua crassifolia

    
1981年 (旧)イエメン人民民主共和国発行(樹木)

2678.今日の植物(2162):コノカルプス

  今日の植物は、コノカルプスと言います。未登場の科はシキミモドキ科からシクンシ科に移りました。

 コノカルプスは、シクンシ科 Conocarpus属(コノカルプス属)に分類される植物で、The Plant Listには2つの種名があげてあるだけという小さな属です。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は熱帯地域に原産地を持つ植物で、2種の内、Conocarpus erectus種は南北アメリカ大陸及びアフリカの西海岸にマングローブを構成する植物として分布しています。

 一方切手に描かれているConocarpus lancifolius種の方は、イエメンおよびソマリアが原産地で、その材は緻密で木炭として使われるそうです。その他に、街路樹や防音効果や遮蔽効果を生かして家屋の周辺に植えられるなどの形で利用される樹木だということです。

 属名の、Conocarpus はギリシャ語由来で「konos(cone)+carpos(fruit)」でその果実の形態から来ているようです。

 写真です。両方の種の写真をネットから借用しております。

(左)コノカルプス・ランキフォリウス Conocarpus lancifolius
(右)コノカルプス・エレクツス Conocarpus erectus

        
 ●種小名のlancifoliusは「皮針形(細長く先がとがり元の部分が広い)の葉の」、erectusは「直立した」(どこの部分を指しているのでしょうか?)という意味です。

 切手です。

コノカルプス・ランキフォリウス Conocarpus lancifolius

    
1981年 イエメン人民民主共和国発行(樹木)
 ●この切手とセットで発行された切手はこちら⇒切手植物図鑑
 ●このイエメン人民民主共和国は1967年から1990年までの間イエメン南部を統治していた社会主義国家で、北イエメンと統合し現在のイエメン共和国になっていますが、混乱した政治状況にあります。

2677.今日の植物(2161):ハオルティア

  今日の植物は、ハオルティアといいます。久しぶりに切手と写真が手元にある植物です。

 ハオルティアは、ユリ科 Haworthia属(ハオルティア・ハオルシア属)の植物で、The Plant Listでは変種なども含めて276種が記載されていましたので、大きな種と言えそうです。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は多肉植物で、モザンビーク、レソト、ナミビア、エスワティニ(旧スワジランド)及び南アフリカに固有の植物だということです。小型のアロエに似ていてかつてはアロエ科アロエ属に分類されていたものが分けられてHaworthia属とされるようになったのだそうです。アロエとの大きな違いは花被片が二つに分かれている花の姿だとされます。

  また、この属の植物は葉に「窓」を持っている植物として有名なのです。葉の一部が透明になっていて、植物の本体は地中にあってもこの葉の窓を地上に出して、太陽光を取り入れて光合成を行うのだそうです。乾燥した環境で生き延びる工夫の一つのようです。

 この属に分類される種の数を276種と言いましたが、まだ定説はなくて400種とか数十種とか諸説があるようです。
 属名のHaworthiaは、英国の植物学者Adrian Hardy Haworth氏に因んで命名されました。この属名の読み方(書き方)は色々あるようで、最初に記した2つの他、ハウォルチア、ハウォルティアやハワーシアなどというものがあるとのことです。
 また、新しい植物分類体系ではこの属は、ススキノキ科という科に分類されています。

 写真です。手元の写真に加えて、特徴のある花の写真はネットから借用しました。多肉植物の常、と言ってもいいのでしょうがやたらと和名がつけられているのが気になりますなあ。

(左)ハオルティア「竜の爪」 Haworthia margaritifera
(右)ハオルティア「彩寿」Haworthia retusa×comptoniana

        
この2枚は、撮影:2004年1月12日  姫路市「市立手柄山温室植物園」

(左)ハオルティア「宝草」 Haworthia cuspidata
(右)ハオルティア「玉扇」 Haworthia truncata海外・国内ブランドコスメがお買得! 【セット】ヴェレダ WELEDA ホワイトバーチ ボディシェイプオイル 200mL + シア ハンドクリーム 30mL セット プレゼント ギフト バレンタインデー ボディマッサージオイル    
    撮影:2014年6月18日
     宇部市:常盤公園

 切手です。

ハオルティア・コーペリ Haworthia cooperi

    
2002年 コンゴ民主共和国(花)
 ●この切手に記載されている学名はAworthia cooperiとなっていて、「H」がとれているという妙なものになっています。不注意というか、なんというか、笑ってしまいます。一緒に発行されたセットはこちらです⇒切手植物図鑑
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード